速度と身体の関係について

高速道路を80km/h~100km/hで走行し、インターチェンジで一般道に降りた直後、スピードメーターでは60km/hを指しているのに、やたらと遅く走っているような錯覚にとらわれた経験はありませんか?これはある種の錯覚と呼べるものです。
                                                                                    

高速道路を運転していると、目から入ってくる状況を身体が体感速度として読み取ってしまいます。高速道路のセンターラインはそのスピードを考慮して一般道よりも1本の白線そのものと白線同士の間隔が長く設定されています。
                                                                      

そして高速道路走行時にはこのセンターラインの間隔を一時的に普通の感覚であると思い込んでしまうのです。このために、一般道に降りた直後は車線の間隔が異なって見えるために実際に出しているスピードよりもかなり遅く感じてしまうのです。これは人間の身体として最初から伴っているものですので、異常ではありませんし、如何ともしがたいものです。
                                                                          

ただ、こういう感覚になるのだということを最初から知っていれば、一般道に降りた直後の違和感は何とか処理することができるでしょう。つまりインターチェンジを出たすぐ後はスピードが遅く感じられるのだということをしっかりと意識してアクセル操作をすることが事故を未然に防ぐ上でとても重要だということなのです。

コメントは受け付けていません。