速度と制動距離の関係について

交通事故を犯さないためにも速度とブレーキが利いて止まる距離をしっかりと理解しておかなければなりません。
この二つはかなり密接に関係しあっているのです。
事故を起こさないためにもしっかりと理解しておきましょう。
                                                                            

通常、自動車は速度を出せば出すほど制動距離が延びるようになっています。
例えば時速100kmのスピードで運転していればブレーキを踏んでから要約自動車がとまるまでの距離は大体60mもあるのです。
ですから、このような高速スピードで運転でとっさの判断でスピードを落とすという事は出来ないのです。
逆に時速50km程のスピードで走って入ればブレーキが利いて止まる距離は大体15mほどとなっています。
                                                                            

時速が遅ければ遅いほどとっさの判断で止まることができるのです。
ですから、安全運転を務めるにはなるべく、スピードを抑えることが重要なのです。
特に、道路上では何が起こるか分りません。
子供が急に出てくるかもしれませんし、他の自動車が強引に入り込もうとするかもしれません。
ですので、こういった不測の事態に備えるためにもなるべく、スピードを抑えて走ることが重要となるのです。
交通事故にあっても損失や相手への傷害を軽減するためにもなるべくスピードは抑えましょう。

コメントは受け付けていません。