クルマの死角とは

車にはバックミラーやバックモニターが付いていますがそれには理由があります。死角があるのです。これをカバーするためにこれらの装置が付いているのです。
ピラーは盲点です。狭いので問題ないだろうと高を括っていると、発進時に右左折時に歩行者などを見落とす可能性があります。運転席で頭を少し動かして確認するのがいいでしょう。それに後方のピラーも意外と盲点です。斜め後ろの歩行者やバイクなどがピラーに隠れてしまう可能性があります。

また前方にも注意が必要です。特に高さのある場合は要注意です。それを防ぐには発進時に前を覗きこむなど頭を動かしたりすることで、かなり解消できます。
最も危険なのが後方です。バックで子供を巻き込むのは後方の死角が原因です。これは確認が難しいので、ついているならバックモニターを使用、そうしても見えないなら一度降りて後方を確認してから発進させましょう。

これ以外にも様々注意することはあります。便利な交通移動手段ですが、利用法によっては凶器ともなります。自分は大丈夫という思い込みは危険です。自分はドライバーであるということ自覚して、免許をとってすぐの初心者の頃の気持ちを思い出して、常に気を配って運転しましょう。

コメントは受け付けていません。