アンダーステア・オーバーステアとは

車を運転していてカーブを曲がろうとするとき、思った通りに道路の真ん中を走り続けることはできるでしょうか。運転している車のエンジンの積載位置や駆動方法にもよって、あるいは路面の状況やスピードによっては、思った通りのラインでカーブを曲がることができない場合があります。

                                 

カーブにそってハンドルを切っているつもりでも、想定しているよりも内側に切れ込んでいってしまう場合をオーバーステア、そして想定しているよりも外側に膨らんでいってしまう場合をアンダーステアと言います。後輪駆動車の場合はオーバーステアになりやすく、前輪駆動の場合にはアンダーが出やすいというふうに言われています。また4WD車の場合もアンダーが出やすいと指摘されています。
                                                                            

コーナーに対して思っていたよりも切り込んでいってしまった場合にはハンドルを軽く元に戻すというよりもアクセルをゆるめてスピードを落とした方がよいでしょう。アンダーの場合も同様にスピードを落とすと同時に、ハンドルを軽く切った方が安全が確保できると思います。今の車にはこうしたステアリング特性をコントロールし安全に走ることができるトラクション・コントロール・システムなどが搭載されていますので、ドライバーがこうした癖を意識することは少なくなっているかもしれません。

コメントは受け付けていません。